小竹向原こぐま皮フ科クリニック

小竹向原こぐま皮フ科クリニック

MENU

皮膚科

Medical

一般皮膚科

皮膚病は皮膚の病的変化であり、実にたくさんの種類があります。

原因もさまざまで、外的因子によるもの、内的因子によるもの、加齢によるものなど、極めて多様です。なかにはまだ原因のつかめていない疾患も、しばしば存在します。

そのため、決定的な治療法が無く、根気よくつき合っていく必要のある慢性疾患も少なくありません。しかし、適切なスキンケアと軟膏などによる外用療法、内服療法、生活習慣の見直し等を行うことによって、より良い状態を保つことができます。

主な疾患と症状

かぶれ

皮膚に直接触れたものが原因となって起こる炎症や湿疹をかぶれ(接触性皮膚炎)と言います。原因となる外的刺激が特定されている場合に、こう呼ばれます。原因が明らかな場合は通常、「うるしかぶれ」「おむつかぶれ」など、原因物質の名前を頭につけて称されます。

同じ部位に湿疹を繰り返す場合は「パッチテスト」を行います。パッチテストとは、原因と思われる物質を皮膚に貼りつけて反応を見る検査です。原因物質がわかったら、その物質が含まれるものに接しないように気をつけることが大切です。しかしながら、パッチテストの判定は48時間、72時間、1週間の判定を要するため、細かな通院と予約を要することもご了承下さい。

湿疹

皮膚科を受診される患者様に、とても多く見られる症状です。ブツブツや小さな水疱、赤みなどが混ざって現れます。
原因として考えられるものには、ダニなどによる虫刺され、食べ物などがあります。湿疹は痒みを伴うことが多いため、ついつい掻いてしまいがちですが、むしろ掻くことによって患部を掻き壊してしまい、化膿や悪化を招き、患部が拡大してさらに痒くなるという悪循環に陥ることが少なくありません。痒みや炎症を抑える薬を上手に使って、こうした悪循環を断ち切る必要があります。

薬疹

内服や点滴によって、かゆみが出たり、出なかったりする赤みやブツブツなどが生じることもあり、重症化するとお熱が出たり、唇や股の粘膜まで症状が出ることがあります。そのため、初期の段階で治療することが大事になってきますので、薬疹を疑った場合は早めのご相談をお勧め致します。

じんましん

痒みの強いみみず腫れが数分~24時間以内に出来ては消えていく皮膚疾患をじんましんと言い、4週間以内に治るものを急性じんましん、それ以上続くものを慢性じんましんと呼びます。
じんましんの原因は、食べ物や内服薬、細菌やウイルスの感染など様々です。ご希望があれば、アレルギー検査を含めた、一般血液検査等を行えます。しかしながら、じんましんでは、原因が特定できないことが少なくありません。じんましんの治療には抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤などを使うことで症状を緩和することが出来ます。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、痒みを伴う、繰り返す湿疹と皮膚の乾燥が特徴的な皮膚疾患です。痒みが強いのですが、掻くとさらに悪化し、悪循環を招きますので、治療によって痒みを抑える必要があります。
喘息のほか、アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎のある家系に出やすい傾向があり、また、ダニや食べ物などのアレルギーが起きやすいのも、アトピー性皮膚炎の特徴とされています。
アトピー性皮膚炎の治療にあたっては、外用薬のステロイド剤、免疫抑制剤、保湿剤などを使用し、痒みを抑えるために抗アレルギー剤や免疫抑制剤を内服することもあります。また、外用治療や内服治療でコントロールが難しい場合、当院で紫外線療法を選択することも可能ですのでご相談下さい。

ニキビ

ニキビは身近な皮膚疾患ですが、顔にできやすいため、気にされる方も多いと思います。
ニキビの直接的な原因は、皮脂の過剰な分泌と毛穴の詰まりです。過剰に分泌された皮脂が毛穴に溜まり、面皰(めんぽう)という状態になります。この毛穴に溜まった皮脂を栄養源にして、ニキビの元となるニキビ菌は増殖していき、症状を悪化させます。
大人のニキビは、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、紫外線、ストレスや生活環境など、様々な要因が複雑に絡み合ってできることが多く、治りにくいのが特徴です。
治療にあたっては、ニキビの種類と重症度を判断し、外用薬(抗生物質の外用、イオウ製剤等)、内服薬(抗生物質、ビタミン剤、漢方薬等)などの中から選択します。
ニキビは医学的には「尋常性ざ瘡:じんじょうせいざそう」という皮膚疾患です。ニキビができると気分的にもすぐれず、日常生活に影響が及んできます。また、ニキビのケアが不十分だと「ニキビ痕」が残ってしまうこともあります。ニキビ症状が続くようなときは、放置せずにご相談ください。

たこ・魚の目

たこや魚の目「医学的には胼胝:べんち、鶏眼:けいがん」とは、足の特定の場所に継続的に圧力がかかって発症します。
たこは皮膚の表面の角質が部分的に肥厚したもので、ひどく硬くならない限り痛みはありません。魚の目は皮膚が摩擦で陥入し、芯をもっているため、歩く度に刺激されて痛みが走ります。
また、下記にも説明がありますが、足の裏によくできるのが尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)というイボの一種で、これを魚の目と勘違いすることがあります。知らずに削って、かえって患部を広げてしまうことがありますので、この鑑別をきちんとつけるためにも、皮膚科への受診をお勧めします。

いぼ

いぼは、医学的には「尋常性疣贅:じんじょうせいゆうぜい」と言い、ヒトパピローマウイルスの感染によって発症します。いじってしまうと、場合によりどんどん増える傾向がみられることもありますので、いぼができたからと言って、自分で削ったり、引っ掻いたりして治そうとすると、かえってウイルスを撒き散らしてしまう可能性があります。いぼを見つけた際には、数が少ないうちにご相談ください。イボの治療法には、液体窒素療法、内服療法、外用療法、場合によりレーザー治療などがあります。

水虫

水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビの一種が足の皮膚に入り込んで発症する疾患です。白癬菌の増えやすい夏に症状の悪化がよく見られるのが特徴で、足白癬は主に趾間型、小水疱型、角質増殖型に分類されます。
趾間型は、足指の間の皮膚がふやけたように白くなり、時に痒くなるのが特徴です。冬は症状が治まりますが、夏になると再発し、2次的に細菌感染を併発しやすいタイプです。
小水疱型は、土踏まずや足の縁などに小水疱が多発します。これも夏に悪化し、痒みを伴うことがあります。
角質増殖型では、足の裏から縁にかけての広い範囲で皮膚が厚くなり、冬のほうが、乾燥でひび割れ等を起こしやすくなります。
爪白癬は爪が黄色から白色に濁ったり、爪が厚くなったりする症状が出ます。
足白癬は外用治療が中心となりますが、爪白癬に関しては内服治療を選択することもあります。また、免疫抑制剤を使用している方などは、足や爪以外にも白癬になることがあります。

ヘルペス(口唇、性器)

単純ヘルペスウイルスの感染で起き、1型と2型の2種類のウイルスがあり、初感染で口内や外陰部に発疹が生じた時は、しばしば高熱と激痛が伴います。
ヘルペスの治療としては、主に抗ウイルス剤の内服と外用を行います。発疹の出る前にチクチクするなどの予兆が出ることが多く、その時点で内服を始めると、治りが早まります。
しかし、単純ヘルペスウイルスは神経節に入って潜伏するため、薬で完全に除去することはできません。寝不足、疲労、風邪などによって免疫力が下がると増殖し、再発することもしばしばあります。

脂漏性皮膚炎

皮脂腺の多いところに生じる湿疹で、頭部や顔、胸背部などにできやすいのが特徴です。発達段階である新生児や乳児に多く見られますが、大きくなるにつれて、自然にできなくなってきます。
一方、問題なのは中高年の方の場合で、頭、顔、耳にフケがしつこく出て、痒みも伴うため、憂うつな気分になることも多くあります。
原因としては皮脂の成分の質的異常であり、皮膚の機能の老化が関係しているとされております。また、マラセチアの感染が関与することがあり、脂漏性皮膚炎の治療としては、特に皮脂の多い部位は、こすらずしっかり洗うのが基本です。そうした後に炎症を抑えるステロイド軟膏やマラセチア菌に効く抗菌剤を塗るのが一般的な治療とされています。

乾癬

銀白色の鱗屑(りんせつ:皮膚の粉)を伴い、境界の明瞭な盛り上がった紅斑が全身に出ます。乾癬(かんせん)の患者様の90%くらいが、この症状です(尋常性乾癬:じんじょうせいかんせん)。
大きさ、数、形は様々で、発疹が癒合して大きな病変を形成することもあります。できやすい部位は、慢性的かつ機械的な刺激を受けやすい頭部、肘・膝、臀部、下腿などです。青壮年期に発症することが多く、多発しますが、通常、内臓を侵すことはありません。痒みは、約半数の患者様に見られます。爪の変形や関節炎を伴うこともあります(関節症性乾癬)。稀ながら、発疹が全身に及ぶこともあります(乾癬性紅皮症)。
乾癬は慢性的に良くなったり悪くなったりを繰り返し、一律的な治療方針は無く、患者様の病気の程度、置かれた状況などに応じた治療法を選択することになります。当院では外用療法、内服療法の他に紫外線療法も導入しておりますのでご相談下さい。また、重症の乾癬、関節症性乾癬などは生物学的製剤(注射製剤)などの適応となります。その場合、大きな病院への紹介も可能となります。

帯状疱疹

水痘・帯状疱疹ウイルスの感染によって発症するため、水痘を経験した人にのみ起こります。
頭部から下肢までの間の片側の一定の神経支配領域に神経痛様の痛みを伴った小水泡が帯状に生じます。顔にできると顔面神経麻痺、内耳の障害によるめまい・耳鳴りなどが起こることがあります。
痛みに悩まされることが多く、帯状疱疹後疼痛として長い間痛みが残ってしまうことがありますので、痛みの治療も大事になります。また、帯状疱疹後神経痛は治りにくく、症状が緩和するのに時間を要する場合もあります。
帯状疱疹は、早く皮膚科を受診して早期に治すことが何よりも大切で、これにより帯状疱疹後疼痛の発症頻度を少なくすることが可能です。

皮膚腫瘍

年齢とともに様々なでき物が皮膚に出てくる事があります。多くは良性のものですが、中には悪性のものもあります。当院では皮膚表面に出来たものであれば、ダーモスコピーによる検査(皮膚の表面を拡大してみる検査)が可能であり、この検査によりある程度の鑑別をすることが可能です。当院では皮膚生検(皮膚の一部を取る検査)、手術やレーザー治療が可能なものは施行致します。入院が必要となる大きいものは、大きな病院への紹介も可能です。